カテゴリー別アーカイブ: (に)入学

うさぎ小学校



今日から学校に通う、うさぎのハンスとグレートヒェン。もちろん、人間の学校ではなく「うさぎの学校」です。勉強するのは食べられる野菜のこととか、怖いきつねのこととか。けど、イースターのたまご作りをしたり、詩や歌の勉強もしたり、人間の学校と同じようにとても楽しそうです♪ うさぎの学校、ちょっと通ってみたいですね。

出版年は2007年だけど絵を見た感じでは昔の絵本っぽい。子どもたちが使っているのは「石盤」と「石筆」だし(今の子どもたち知らないだろうな)…と思ったら、1924年に出版された絵本の翻訳でした。なんで今まで翻訳されなかったんだろう?絵といいストーリーといい、今読んでも遜色ない作品です。特にうさぎの絵が細かいところですごく写実的なんです。うさぎの足や手、毛のふさふさ感、校長先生のでっぷりとしたお腹が机にのっかてるところ…あ、これは普通のうさぎとは違うか(笑)ともかくうさぎの特徴をよく捉えてるいる良い絵です。ただ、表紙がなぁ~、もったいないなぁ~。中身の楽しさに相反して、表紙はうさぎの子が校長先生に起こられている絵…表紙から中身の楽しさが想像できない…。その点だけがちょっと残念ですが、中身は楽しいのでぜひ表紙に目をつぶって手に取ってください!小さいサイズの本なので、おひざにだっこの読み聞かせにオススメです。


いちねんせいのいちにち



小学校に入学する前の子どもたちにこれほどわかりやすく1年生の学校生活を伝えられる絵本はそうはないでしょう。朝、上級生たちにつれられて学校に行くところから始まって、一時間目が始まる前、朝の時間の読み聞かせ(この学校にはボランティアの方が来ています)、算数、国語、体育、図工、音楽といった授業、休憩時間、終りの学活などなど、1年生の一日を最初から最後まで順に追っています。なんと、トイレに行く場面まであるし、ケガをした時にどうすれば良いかまで描かれている(笑)学校生活を新1年生に説明するのにぴったりの絵本です!


1年生になりました!



1日目、2日目、第1週…1年生の入学1日目から学期末までを、1年生たちの日々のちょっとしたエピソードを中心に短い文章とかわいい絵で描いている絵本。この絵本の中の1年生たち、みんなとっても楽しそう♪この絵本をながめていると、当たり前だけどどの子もみんな違う顔をしていて、それぞれ個性があって、色んな子が一緒になって日々を過ごしていく学校生活の楽しさが伝わってきます。個人的には、教室に飾っている絵とかポスターとか、ピアノの上にちょこっと置かれている花とかノートとか、子どもたちの服とか、細かいところを見ていくとすっごく楽しい!細部まで絵にこだわってるな~と思います。ただ、絵が細かいので大勢よりはおひざにだっこの読み聞かせ向き