カテゴリー別アーカイブ: 7月

ゆうだち



ものすごくでかくてまっかなざりがにのことを、みんなは「まっかちん」と呼んでいる。5年生のタッちゃんはその日、ものすごくでっかいまっかちんを釣った。まだ1年生のゆうたは「じぶんもいつかはこんなまっかちんが釣れるかな?」と思っていた。そうしている内に夕立が降りだした。雨が蓮の葉の上におちてものすごい音を立てる。みんなは秘密基地に走って行った。けれど、ゆうたは足元にさっきのまっかちんが入ったバケツが置きっぱなしなのに気づいて…

夏、まとわりつくような暑い空気に一瞬の涼しさをもたらす夕立。この絵本もそんな物語です。ざりがに取りに夢中になった少年時代の想い出、幼い子どもの憧れや勇気が淡々と、ノスタルジックに物語られています。夏といえば楽しい内容の絵本が多いですが、こんな静かな物語もたまにはいかがでしょう?


まほうの夏



夏休み、僕と弟は毎日学校のプールに行くか、家でゲームするか、ポテトチップス食べるかして過ごしてた。お父さんお母さんは仕事。あ~あ、夏休みなんてつまんない…。そんな時に届いた、田舎のおじさんからの手紙!「ケイもユイも元気か。あそびに来んのか。あそびに来ら、また海につれてっ行ってやるけん。さようなら。」やったー!僕たちはねだりにねだって、すぐにお母さんの田舎に行くことになった。さらば東京、僕たちの夏休みのはじまりだ!

都会の子どもたちにこそぜひ読んで欲しい、夏休みの絵本。真っ青な汚れていない空、清涼とした川、美しい砂浜、魚がたくさん釣れる海、そしてそんな大自然で真っ黒に日焼けして遊びまくる子どもたち。こんな遊びのできない都会の子どもたちにとっては、むしろ残酷な絵本かもしれません。君たちの住む世界にはもうこんな遊びは無い、と告げるようなものかもしれません。それでも、ぜひこの絵本を読んで、こんな遊びを伝えて欲しい。こんな風に、自然の中でおもいっきり遊ぶ楽しさを伝えて欲しい。自然体験は子どもたちの好奇心を育みます。せめて絵本の中で、自然体験を。


ひまわり



縦開きのサイズの小さい絵本なのですが、開いてみるとなんというダイナミックさ!「どんどこどんどこ」ということばとともに、ひまわりがぐんぐん成長していきます。また、ただ単に大きくなっていくのではなく、太陽や雨、風、夜の闇など、いろんな自然にさらされひまわりが描かれ、そのどれにもめげず「どんどこどんどこ!」と力強く成長していくさまがとても良い!子どもたちと一緒になって読むと楽しさ倍増です♪


はなび



 この絵本、ともかく花火の絵がとっても良いんですよ。どれくらい良いかというと、読み聞かせしていて子どもが思わず「うわぁ…綺麗…」と簡単の声を漏らすほど。
 絵本の方はまず花火工場のシーンから。火薬作りや火薬詰め、紙張など花火を作る工程が書かれています。また花火祭の様子も「へぇ~こんなお祭りがあるんだなぁ」という、あまり目にしない祭りの伝統が垣間見えます。打ち上げの前に打ち上げ筒を引いて練り歩くシーンや、打ち上げ花火をいろんな記念に(孫の誕生日や入学祝いなど)普通の人たちが揚げること、など。
 そうして、それらの花火に関する蘊蓄が身についたところで、最後の最後に打ち上げのシーン。ここまで花火に関する知識が蓄積されて関心が高まってる状態で、あの本物のように美しい絵…本物の花火のように、心を惹きつける絵本です♪


なつのいちにち



抜けるような真っ青な空、でっかい入道雲、その中を走り抜ける麦わら帽子の子ども。呼んでいると井上陽水さんの「少年時代」が流れてきそうな…そんな絵本。

絵の美しさもさることながら、絵の構図がまた素晴らしい。夏の空のでっかさ、夏の緑の濃さ、その中を走りまわる子どもの速さ、その中を吹き渡る風まで感じさせるような構図。シンプルだけど子どもの夏を楽しむ様子が伝わってくる物語と相まって、これぞ夏!という気分にさせてくれるイチオシの1冊です!


セミくんいよいよこんやです



地面の下で暮らすセミくんに電話がかかってきます。「ええそうです、いよいよこんやです」。そう、今日はセミくんがいよいよ羽化する日。長い間暮らした地面の下の家ともお別れです…

ともかくまずは絵が良い!セミくんの家の小物がもう、どれもこれもセミらしいものばかり♪そうだよねぇ、何年も暮らすのだからそれだけセミくんの生活臭というか、セミの生そのものがにじんでいます。それがすごく良い。そうして、セミくんの羽化を祝う虫たちもまた、それぞれの虫の特性が絵にもストーリーにも出ていて良いんだなぁ。セミを擬人化したおはなしですが、変にお涙頂戴になておらず、素直にセミが重ねる長い年月というものを良い意味で楽しく捉えてストーリーにした絵本です♪


ぐりとぐらのかいすいよく



ぐりとぐら、今日は海水浴に来ています。ふたりは泳げないので波打ち際で砂遊び。すると、沖のほうから何か光るものが流れ着いてきました。流れてきたのは…ぶどう酒のビン。けれど中身はぶどう酒ではなく、手紙でした。手紙には「しんせつなともだちへ しんじゅ・とうだいへきてください」と書いてあります。地図によると、しんじゅ・とうだいは海の向こう。ふたりは浮き輪につかまってしんじゅ・とうだいを目指して出発!

まず1ページ目で驚きの事実、ぐりとぐらは泳げなかったのですね…。しかも泳げないのに浮き輪に乗って沖に出るのはスゴイ!そうして、海の向こうにいた友だちを助けてあげます。行きには泳げなかったぐりとぐら、けど帰りはちゃんと自分たちで泳いで帰ります。え?どうして泳げるようになったかって?それは読んでのお楽しみ♪


お化けの真夏日



お化け屋敷に夏が来ました。暑さに参っているお化けもいれば、夏をおもいっきり楽しんでいるお化けもいるようです。そして、人間と同じように夏を楽しみます。スイカ、花火、かき氷、虫取り。…今の人間たちより夏を楽しんでいそう?都会ではなかなかこんな夏は過ごせませんものねぇ。随所にお化けらしい笑いも散りばめられていて、夏休み前に楽しい読み聞かせができる絵本です♪


お化けの海水浴



ここはお化けのための海水浴場。お化け屋敷のお化けたちが海水浴にやってきました。準備体操をして(お化けたちもちゃんとするんです!)泳ぐ…のかと思ったら砂かけばばあは砂集め。ろくろっ首はご想像の通りのことをしています(笑) そして、今日は海のお化けたちも集まって一緒に宴会をするのです。共潜たちはアワビやサザエを取り、鬼たちは魚を持ってきて、小豆あらいと小豆とぎが料理。そうして、最後にビッグゲストも…。お化けの海水浴、ちょっと出てみたい気もするなぁ♪料理がすごく豪勢だし(笑)


オニヤンマ空へ



夏のはじめに、たけるの家族はお墓参りをして風の谷公園でお弁当を食べ、遊んで帰ります。公園の小川でたけるは大きなヤゴ(とんぼの幼虫)を捕まえました。ヤゴはやがてオニヤンマへと羽化し、たけるはオニヤンマを風の谷公園に返すため、一人ででかけました…。

表紙とタイトルからは虫好きな男の子の楽しい話のように思えるのですが、中身は全く真逆です。羽化したばかりのか弱いオニヤンマにたった七日で無くなった妹を重ね、たけるの兄としての想いや成長を描いています。絵本という短い物語の中に、それがとても素晴らしく詰め込まれています。夏の静かな物語です。