ダイトケン兵庫支部ラーコモ見学会その1 関西学院大学神戸三田キャンパス・アカデミックコモンズ見学

@karatelibrarianさんの所属する大学図書館問題研究会兵庫支部、
通称ダイトケン兵庫支部のラーコモ見学に便乗させていただき、
関西学院大学神戸三田キャンパスのアカデミックコモンズ「クレセント」
兵庫教育大学附属図書館の「ラーニングコモンズPAO」を見学させていただきました。

まずは関西学院大学神戸三田キャンパスのアカデミックコモンズ「クレセント」から。

DSC_0003
建物外観。

DSC_0044
上からフロアを見下ろした図。

見ての通り、かなりの広さです。
2階までの吹き抜けで、約800㎡の広さ。
可動式のホワイトボードが多く設置されており、
これらはホワイトボードとしてはもちろんのこと、

DSC_0032

こういった実物投影機やプロジェクターを使って写真や映像を映し出すのにも使えます。
もちろん、こういった機器の貸出もされています。
また、一番右のHITACHIの機種は机上投影プロジェクター。
机の天板に映像を映し出すことができます。
机の天板もホワイトボードだったら、写真に書き込みをしながら
議論することもできそう。

DSC_0009

DSC_0010

DSC_0011

机の形もさまざま。人数や話し合う内容によって机の選択肢も変わってきそうです。

DSC_0030

フロアはカーペットと床板そのままのエリアに二分されており、
カーペットのエリアは飲食禁止、それ以外のエリアは飲食可能ゾーンとエリア分けされています。
2枚目の写真を見ていただければわかりますが、
椅子の色でもエリア分けされています。緑は飲食不可、オレンジは可。

DSC_0006

飲食可能エリアにはバーカウンターのようなものもあります。
(※キャンパス内は全て飲酒禁止なのでバーとしては使われません)
しかしまだここは使われていなくて、その反対側に…

DSC_0035

Cafe3101が入っています。
キャンパスの地元・三田で25年続く有名なカフェ、サント・アンの出店。
地元のカフェが出店しているというのは良いですね。
しかし残念ながらこの日はお休み…平日13:00〜17:00に開店しています。

DSC_0036

カフェの前にも多くの座席があります。
こちらはメインフロアよりも少し照明が押さえ気味。
しかしここは飲食専用スペースではなく、ここもアカデミックコモンズの学習スペース。
こちらにもソファ、2人掛け、4人掛けなど様々なタイプの座席が用意されています。

DSC_0038

なんと、カフェ横には和室もあります。
炉があり茶室として使え、流し台もあるので生花など
異文化交流・地域交流の場としても使えるとのこと。
掘りごたつもあるそうです。

DSC_0018

メインフロアに戻って、ここは「みんなで創る本棚」。
図書館で不要になった本をこのスペースに置いています。
本の中には、

DSC_0007

「感想リレー」というしおりが入っており、本のレビューを書いて、次に読む人に伝えることができます。

このアカデミックコモンズの取り組みは「プロジェクト型アクティビティ」と呼ばれており、
5つのプロジェクト(テーマ)に沿って様々なアクティビティ(イベント)が企画・実施されています。
その5つのテーマとは、

・「気づき・出会い」プロジェクト
・「グローバル人材育成プロジェクト」
・「KGファン創出」プロジェクト
・「PBL推進」プロジェクト
・「たて・よこ きずな強化」プロジェクト

いただいたパンフレットによると、この5つのプロジェクトに沿った企画に

「楽しく、気軽に参加しているうちに、人と人が出会い、自然と幅広い視野やコミュニケーしょう能力が見についてしまう」

というのがこのアカデミックコモンズの狙い。
上記の「みんなで創る本棚」は例えば「気づき・出会い」のアクティビティに当たります。
これ以外にも様々なアクティビティが実施されているわけですが、
このアクティビティのサポート運営を担うのが「クレセントサポーター」。
大学の教職員だけでなく、学生さんたち自身もこのアカデミックコモンズの運営に参加し、
アカデミックコモンズの場や使い方、活動を創りあげていくとのこと。

DSC_0034

また、「クレセントチューター」という大学院生たちが
学生さんたちのレポート作成などの相談・アドバイスをしてくれます。
この写真のように様々な専門の院生さんがおり、
時には相談が多く待ち時間が発生することも。
院生さんの専門ごとの時間割がちゃんとあるのも助かりますね。

これ以外にもアカデミックコモンズでは様々な部屋があります。

DSC_0021

DSC_0023

アクティブルーム。
壁一面が床から天井までホワイトボードです。


DSC_0025

DSC_0026

こちらもアクティブルームですが、2部屋が繋がってより大人数で会議ができます。
また注目すべきは椅子!

IMG_4752

書き物ができるサイドテーブル部分は角度が自在に変えられ、
また荷物は椅子の下に置くことができます。
これ学校の会議室にも欲しい…

IMG_4754

こんなふうに2脚をくっつけて使うことも。
欲しい…

DSC_0041

シアタールーム。
ご覧のとおり、プロジェクターが壁2面にぶら下がっています。
講演的な使い方以外にも、様々な使い道がありそう。

IMG_4787

個別の部屋だけでなく、フロアにもこんなふうにところどころ
話し合えるスペースが作られています。これは2階。
奥にはソファーもあります。

IMG_4789

グループ学習だけでなく、個別学習にもきちんと対応できるよう、
こんなふうに個別学習のスペースもちゃんとあります。


とにもかくにも設備の素晴らしさが伝わってきますが、
変幻自在にレイアウトや配置を変えられるようになってたり、
無線LANがあったりプロジェクタも様々なものがあったりと、
学生さんの様々な学び・活動を支えられるように作られている印象です。
また、このアカデミックコモンズは学生さんから広くサポーターを募集しています。
教職員だけでなく、学生さんも巻き込んで
アカデミックコモンズを創り上げています。
施設を作っただけで終わりではないのはもちろんのこと、
学生さんの目から見た新たな使い道・広がりも見えてきそうです。
以上、ダイトケン兵庫支部ラーコモ見学会、午前の部でした。
午後の部に続きます!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です