ゴナンとかいぶつ



モンゴルの昔話。ある村にゴナンという男の子が住んでいました。ゴナンは大人の何十人分も仕事ができるほどの力持ちでした。ある日、そのゴナンの村をマンガスとい怪物が遅い、牛や羊や宝物を奪っていってしまいました。そこでゴナンは怪物退治に出かけます。

モンゴルという土地のスケールの大きさが、物語によく反映されています。また、馬での競争や相撲など、モンゴルの文化も反映された昔話です。モンゴルの文化を他の本で一緒に紹介すると効果的です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です