たっくんのおしろ



子どもの「ごっこ遊び」を題材にした絵本。しかし、この主人公の子のなりきりっぷりがすごい!隣の部屋の女王様に、「でなおしてまいれ!」って堂々と言っちゃいます(ってこれだけだと訳がわからないでしょうが、読んでみてください、このシーンの面白さがわかります)。子どもってごっこ遊びを真剣に、本当になりきって遊びますよね。それをあらためてこうやって絵本にされると微笑ましいし、場面によっては思わず吹き出してしまうほどの笑える場面も。けど、もしかしたら子どもが読んだらこのごっこの世界にも入り込んでいって、主人公の子と同じように真剣になるのかな?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です