魔法の夜



クリスマスの夜、住む家も行く宛もない老人は雪の中をただただ歩いていました。その時に出会った白い犬は、彼のあとをついていきました。実はその白い犬は魔法使いで、老人にたった一つ願い事をかなえてあげると言いました。そこで老人が願ったことは…

クリスマスというと子どもたちはプレゼントにケーキにと楽しい夜をイメージしがちですが、こんな静かな優しい物語も良いものです。低学年よりは、高学年向きかな?けど、クラスや聞く子どもたちの雰囲気をよく考えて、読めるかどうか考えた方が良い絵本でもあります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です