はなび



 この絵本、ともかく花火の絵がとっても良いんですよ。どれくらい良いかというと、読み聞かせしていて子どもが思わず「うわぁ…綺麗…」と簡単の声を漏らすほど。
 絵本の方はまず花火工場のシーンから。火薬作りや火薬詰め、紙張など花火を作る工程が書かれています。また花火祭の様子も「へぇ~こんなお祭りがあるんだなぁ」という、あまり目にしない祭りの伝統が垣間見えます。打ち上げの前に打ち上げ筒を引いて練り歩くシーンや、打ち上げ花火をいろんな記念に(孫の誕生日や入学祝いなど)普通の人たちが揚げること、など。
 そうして、それらの花火に関する蘊蓄が身についたところで、最後の最後に打ち上げのシーン。ここまで花火に関する知識が蓄積されて関心が高まってる状態で、あの本物のように美しい絵…本物の花火のように、心を惹きつける絵本です♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です