おべんともっておはなみに

・おべんともっておはなみに

(こいでやすこ さく、福音館書店、2007年4月、26cm、31p、こどものとも 613号)

きょうははなさきやまへお花見に行く日。きつねのきっこはお弁当をたくさん作りました。いたちのちいとにいも一緒です。ふくろうのろくすけもさそいにいくと、ろくすけはいのししの子どものうりぼうたちの子守をまかされていました。そこで、うりぼうたちも一緒にお花見につれて行くことに。楽しいお花見が、もっとにぎやかになりそう♪

この「きつねのきっこ」が出てくるシリーズ、良いですよねぇ。何が良いって、きっこの懐の深さ、機転の良さ!はしゃぎまわったりちょっとわがままを言ったりするうりぼうたちを叱るではなく、上手にうりぼうたちの気を引くアイデアを出して、さらに楽しい気分にさせるんです♪きっこが先生だったら(あるいはお母さんだったら)、きっと毎日子どもたちは楽しいでしょうねぇ。当然、このお花見も行きから帰りまで楽しいことずくめ♪きっと子どもたちもお花見に行きたがりますよ~

※この本は単行書として発行されていません。月刊絵本雑誌「こどものとも」の613号です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です