赤ちゃん絵本探し

最近お父さんになった友人からFaebookで
「オススメの赤ちゃん絵本おしえて」と聞かれたので、
今まで甥っ子に送った絵本をピックアップ。

が、その前に言っておかないといけないのですが、
赤ちゃん絵本はあまり詳しくありません。
なので、





こういった赤ちゃん絵本リストを参考にしながら選んでいます。
というかぶっちゃけるとこの日記読むより
そういったブックリスト読むほうが参考になります

赤ちゃん絵本は専門外ではないけどやはりあまり詳しくは無いので…
「赤ちゃんからの絵本ガイド」は対象年齢も書いていて参考になります。
ただ、この本絶版なんだよね…マーケットプレイスで売ってますが。
どうして絶版になったんだろう?すごく良いブックリストなんだけどなぁ。

閑話休題。それでは甥っ子に贈った本のリストを。







まずは定番中の定番。
友人も買ったそうですが、1歳未満の子に絶対ウケる、
と言っても過言ではないくらい赤ちゃんにとって楽しい絵本ですね。
ちなみにプレゼントには3冊セットの箱入りもあります。



それと、確か1歳の誕生日に贈ったのが
「Baby’s BOOK」という布絵本。丸善&ジュンク堂に売っていました
探してみたら、楽天でも売っていましたね。

・【手指のおけいこ布絵本シリーズ】はじめてのほん Baby’s Book(あひるさん)
http://item.rakuten.co.jp/rompers/u-lp042/

鏡が付いていたり、しゃかしゃかと音がなったり、
甥っ子は色々手触りを楽しんでいました。
ただし「読む」という感じではなく、「触って遊ぶ」という感じだったかな?

で、その後ちょくちょくプレゼントしたのが、
「あけて・あけてえほん」という新井洋行さんのシリーズ。







他にも色々あるみたいですが、プレゼントしたのは確かこの3冊だったかな?
この絵本を読んだ時は、甥っ子は「自分の知っているもの」に反応していました。
「おふろ」に出てくるあひるのおもちゃとか、
「れいぞうこ」に出てくる知っている食べ物とか。
色にも反応していました。
ただしこの頃は甥っ子はなんでも「きいろ!」と言っていましたが(笑)

で、先月の2歳の誕生日にプレゼントしたのは









これは少し考えながらチョイスしました。
「そろそろ数字を覚えるかな…」とミッフィーの数の本をチョイスし、
乗り物が好きなので「のりものいっぱい」をチョイス。
「くっついた」は単純に面白そうだから。
そして、ちょっとストーリー性のあるものと思って「ばけばけばけばけばけたくん」を。
なんと、2歳児でも「ばけばけばけばけばけたくん」に反応するのですね。
知っている食べ物が出てきて、次のページになったら
その食べ物に変身する、ということも理解していたように見えました。
本当は



を贈ろうかと思っていたのですが、書店で在庫切れでした…

他にも何か贈ったような気がしますが、覚えていない…
しかし、これだけだと友人には参考にならないと思うので、
以下、赤ちゃん(0歳児)向け定番中の定番や面白そうなものを。













赤ちゃん絵本のポイントは

「線や色がはっきりくっくりしていること」
「ページをめくるごとに変化があること」
「声に出すと『音』として面白い内容であること」

なのかな?
ただ、一番大事なのはそういった絵本を選んだ上で、
ちゃんと「おひざに抱っこして一緒に読んであげる」ことかな
(某友人には釈迦に説法だろうけれど)。
赤ちゃんにとって絵本は本に親しむ最初の一歩でもあり、
親子の楽しいコミュニケーションでもあります。
子どもは疲れを知らなので何度も読むのをせがんでくるでしょうが、
何度も読んであげてね。
あと、同じ絵本を何度も読みたがるのだろうけど
それが子どもの成長の特徴なので、
同じ絵本ばっかり読みたがっても何度も読んであげてください。
読み続けたら、自然と次の成長のステップに行って違う絵本を読みたがります。
そしてもうひとつ大事なのはおうちにすぐ本と触れられる環境を作ること。
というわけで学校司書としてのアドバイスはこんなものかな…

以上、あまり参考にはならない赤ちゃん絵本の話でした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です